【復習】皆生特別(6月24日阪神9R) 1着 ブライティアレディ

◎復習シート◎

netkeibaレース結果ページはこちら


【!】当ブログについての詳細はConcept

復習シートや短評コメントについての説明はExampleをお読みください


復習メモ (復習シート内で注目馬に挙げている馬は、着順の前に★をつけています)

1着 ブライティアレディ 進路取○レース質向く/

 外枠でもうまく馬群の中にいれ、少々抑える程度で折り合いもつき脚がしっかり溜まっている様子。直線もロスなく外に出してから追い出すといい伸びをみせてゴール寸前で差し切った。

2着 イエローマリンバ 出遅れ1馬身/出脚速い/掛かり気味/一旦先頭/馬場恩恵/

 出遅れたが二の脚が速くすぐ番手へ。ただその分前半は行きたがってやや手綱を引っ張りながらの追走となった。直線一旦先頭に立ち粘っていたがゴール寸前勝ち馬の強襲にあった形。差されはしたが短距離向きのダッシュ力があるし、血統的には時計の出る綺麗な馬場の方が持続力を生かせるタイプだろう。ただ以前も指摘したコーナーで外に張る面は今回も少し見せており、すんなりハナや番手で競馬ができなかったときに響く可能性がある。

3着 トンボイ 展開不向/馬場恩恵/

 イエローマリンバに突かれながらの逃げで渋った馬場を考えると楽なペースではなかったが、内優位な馬場も生かしてよく粘った。溜めても上がりを使えない馬なのである程度のペースで行って粘りこむ形が合っている。

★4着 エイシンデネブ 出遅れ1馬身/追出し遅れる/脚余す/

 出遅れて腹をくくり最後方から。直線まで待機するが、追い出しもやや遅れ正味300㍍だけの競馬。追われてからはすぐ反応し、ゴール前の勢いは一番だった。クラス突破は目前。

5着 アドマイヤデライト 道中内々/内回る/G前脚色同じ/

 内をロスなく立回り不利もなかったが、ジリジリとした伸びで前を脅かすまではいかなかった。もう少し展開の助けがほしい。

★6着 クラウンアゲン 道中外々/外回る/馬場不利/

 内優位な馬場で外々を回らされたことを考えればよく頑張っている。より時計、上がりが掛かればこのクラスでも勝ち負け可能。

7着 シゲルノマオイ 出遅れ半馬身/出脚鈍い/道中外々/外回る/馬場不利/

 外枠で距離ロスも痛かったが、ストーミングホーム産駒の芝短距離馬らしく速い上がりの追い込みが嵌る状況の方がいいタイプ。京都、小倉の良馬場で直線追い風が吹いているときがベスト条件だろう。

★8着 メイショウカリン 外目先行/ゴチャつく/掛かる/

 逃げ・番手の馬に先を行かれ、3角ではペスカネラが強引に外から前に行こうとしたので突っ張っていったが接触もあってここで掛ってしまう。最後まで力みながらの追走になってしまい直線早々に手応えがなくなってしまった。速いペースを好むダート質な短距離馬で、クラス実績も十分。気難しい面が出てこなければすぐ巻き返してくるだろう。

★9着 トシストロング 外回る/G前脚鈍る/馬場不利/

 ロスなく運んで4角手前から外に進路を確保。直線前半では前を脅かそうかという脚色だったが、長続きせずあっさり止まってしまった。一瞬の脚しか使えないのでできれば内を立ち回りたいし、それが叶えば戦績が示す通り上位進出は可能だ。

10着 ロックオン 道中内々/追い通し/最内回る/馬場恩恵/

 コーナー中間から激しく手が動いていた。直線大バテしていないが、内優位馬場で終始内埒沿いを走っていたことを考えると評価できない内容。スンナリ行けないと脆いタイプなのかも。

★11着 オフクヒメ 枠内立上/道中内々/最内回る/直線前壁/追出し遅れる/直線流す/脚余す/

 内々を追走し脚を溜めて直線を向くが、前に進路がなくなかなか追い出せず。1頭分空いた埒沿いを突こうとするがロックオンがヨレてきて、結局ほとんど追えないままゴールしてしまった。このクラスで2度馬券に絡んだことのある馬で、この先も軽視禁物だ。

12着 キタサンコンサート 出遅れ1馬身/掛かり気味/直線前壁/

 出遅れて道中も掛り気味の追走で手綱を抑えた際やや位置取りが下がるなどチグハグな競馬。直線で前が壁になり一瞬追い出しを止めるシーンがあったが、その時点で上位進出は絶望的な状況だっただけにあまり影響はなかった。

★13着 ペスカネラ 道中外々/外回る/ロス多い/馬場不利/

 1200㍍では出脚で劣り、3角手前から強引に好位を取りに行く形。そこでメイショウカリンに抵抗され、結局終始外目を回らされてしまったのでは直線早々に失速したのも仕方ない。鞍上のコメントからしても1200は忙しく、ベストの1400㍍なら十分このクラスで上位争い可能だ。

↓↓参考になったと感じられた方がいらっしゃいましたらクリックお願いいたします↓↓


最強競馬ブログランキングへ